人数カウントカメラで混雑状況を自動解析。
手間なく「混雑・空き」情報を配信できます。

人数カウントカメラで撮影した画像を解析し、入退場と滞留の2パターンで施設の利用状況を発信します。

入退場をカウント

出入口付近に設置された人数カウントカメラで撮影した映像 を解析し、施設に入る人数と、出る人数を計測し人数カウントを行います。
入場者-退場者=現在の施設利用者になります。
同時に比較的大人数の利用者が居るような施設や、施設利用者のプライバシー上、施設内の撮影が困難な環境(入浴施設など)に向いています。
カメラは複数台連携ができるので、出入り口が複数あっても対応可能です。

例えば…
入場:50人
退場:10人
施設利用者:40人 
このようにカメラがとらえカウントし、
下記のように表示します。

現在の施設利用者数は40名ほどです。

滞留者をカウント

待合室などに設置したネットワークカメラの画像解析を行い、人数をカウントします。
ネコの目®では、1分毎に解析するように設定しています。
待合室がある施設・小規模施設向けです。

例えば…
現在の施設利用者:11人
このようにカメラがとらえカウントし、
下記のように表示します。

現在の施設利用者数は11名ほどです。

STRUCTURE

簡単・便利な「ネコの目®」のしくみ

今お使いのカメラがネコの目®で使用できるかを
無料でテスト致します。

お持ちのカメラでこの機能を使用し連動することが可能か、無料でテストができます。
既設のカメラが利用可能かどうか、お問合せください。
また、貴社製品がネコの目®に使用可能か、メーカー様からのお問い合わせもお待ちしています。

Contact

TEL:045-478-4888

平日9:00~18:00

IoTで、快適な暮らしを。

Copyright© ネコの目システム , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.